ガールズバーの時給はいくらが相場か。実際の給料はどのくらい?

ガールズバーの時給はいくらが相場か。実際の給料はどのくらい?ガールズバーで働く

ガールズバーの求人などを見ると、時給相場は1500円〜2500円くらいの範囲にあります。

いろんなガールズバーの女の子に聞いた感覚でも、実質2000円ちょっとぐらいに落ち着くケースが多いかなと感じます。

ガールズバー自体が特異なジャンルになるため、店によって給料システムが異なる場合が多いです。

結論として「店それぞれ」という話にはなってしまいますが、お店を選ぶ参考にするためにどんな感じで給料が決まっているのかを知っていただければと思います。

※あくまでも東京での話をしているので、地方の場合は数百円ほど低めになることを考慮して下さい。

ガールズバー求人の時給は参考にならない

ガールズバー求人の時給は参考にならない

求人サイトやガールズバーのホームページに書いてある時給はあまり参考にならないよーという話です。

給料体系が店によって異なる

ガールズバーは店によって給料体系が異なります。

これが一般的なカフェや居酒屋などの飲食店であれば時給がはっきりしています。

時給1200円だったら、時給1200円しかありません。これを基準に、研修時給やで少し引かれたり、勤務する中で増えたりするだけなのでわかりやすいです。

ガールズバーの場合は「時給プラス歩合」という給与体系なので、個人個人で給与に差がでます。

このため、求人サイトに書いてある時給が一体なんの額を書いているのかがわかりません。

  • 最低時給を掲載している
  • 時給+平均的な歩合を加えた額
  • 女の子全体の平均的な給与
  • 時給+理想的な歩合を獲得できた場合の額

どのケースの金額を「時給」として掲載しているのかが不明であることに注意して求人情報を見ておきましょう。

歩合ってどのくらい?

ガールズバーの給与形態は時給+歩合です。

この歩合というのがはっきり記載が無いですよね。

店によるのでなんとも言えませんが、キャバクラなどに比べたらだいぶ安いです。

お酒一杯もらって100円とか。高くて200円とか?

シャンパンだと10%とか。そのぐらいのイメージでいれば大きくはズレないはず。

普通に働いて30分に1杯だけでもお酒貰えれば、それだけで1時間あたり時給200円アップです。

飲める人はもっと飲めるので、時給換算するとかなり変わりますよね。

たかが100円と思うかもしれませんが、他の一般的な固定時給の仕事に比べたらかなりの差になります。

応募を集めるために高めに掲示する傾向がある

上に書いたように、給与体系が時給+歩合であるため、個人の働き方で差が出るのは当然です。

また、同じ人であっても、その日によって時給換算すると額が変わってしまいますよね。

ある程度、給与に幅が出るのは仕組み上しかたがないことではあります。

この中で、求人サイトには比較的高めの給与が掲載される傾向にあります

求人やホームページの目的は、あくまでも「求人に応募してもらうこと」です。

安い額より、高い額を掲載しておいた方が多く人の興味を引くことが出来るので、高い金額を掲載するのもお店側の立場では当然です。

あくまでも、完全に嘘ではないけど、実質より高めの額が掲載されている可能性も大いにあると思って見た方がいいです。

2500円の掲載を見て面接に行った場合「新人なので2000円スタートで、ちゃんとお客さんからドリンクもらえたら2500円になるよ」みたいな話をされることも十分にあり得るということです。

SNSなどで個人が情報発信も出来る時代なので、あまりに掲載内容と異なる詐欺的な条件は提示されないとは思いますが、「何も問題なくうまく行けばこのぐらいは貰えるのかな」程度で見ておいた方が良さそうですね。

実際の給料を知るには?

給与体系は店によって異なる。掲載内容と実質が異なる可能性もある。

では実際の給料を知る方法はあるのか?

残念ながら人に聞くしかありません。

  • 電話・面接で詳細を聞く
  • その店で働いている人に聞く

このどちらかです。

お店の内部事情を外に公開する店はあまりないと思いますので、実際に中の人に聞くしか方法はないかと思います。

あるいはSNSや某匿名掲示板などで、働いてる人・働いてた人が暴露している書き込みを見つけるという方法もあるかもしれませんが、個人個人で違う時給契約で働いている可能性も多いにあるのであまり鵜呑みにしない方がいいでしょう。

実際に働いてみるのが早い

求人情報や面接で知ることが出来るのはあくまでも表面上の話に過ぎません。

実際に働くとなると時給だけの問題でもなくなります。

例えば、希望以上の時給がもらえても、めちゃくちゃストレスがある職場で続けられなかったら意味がありません。

逆に、一見時給が低そうでも、良いお客さんがついてドリンクバックで予想以上に稼げるかもしれません。

時給も大事ですが、「仕事内容に時給が見合っているかどうか」という視点で考えると、実際に働いて確かめるしか方法がないんですよね。

幸い、ガールズバーなんてすぐに辞めて他の店に移ることだって出来ます。水商売系の特権といえるかもしれません。

あまり推奨は出来ませんが、体入だけとか、2〜3回だけ働いてすぐに出勤しなくなる女の子もたくさんいますし、それに店も慣れてます。

基本的にどこの店も新しいキャストの確保に必死なので、ダメだと思ったら辞めて、他のガールズバーに応募すればすぐに雇用して貰えるでしょう。

一般的な職業と比較して、辞めやすい・働きやすいという特徴をうまく使って、試しに働いてみるという方法は悪くないと思います。

ただ、辞めるときは可能な限り円満退社をおすすめします

特に、同じ駅周辺とか、場所的に近い店には移ろうとした場合は、店もお客さんも横のつながりがあるので情報が伝わります。

月間の給料も考えた方がいい

月間の給料も考えた方がいい

さて、時給と同じくらい「週にいくら稼げるか」「月にいくら稼げるか」も一応考えた方がいいかもという話です。

要は「働きたい日に働きたい時間だけ働けるかどうか」です。

いくら時給が良くても、働きたいタイミングで出勤ができない店であれば給料は稼げないですよね。

ここで、重要なのは出勤のシフトに融通が効くかどうか

例えば、出勤の制限。キャバクラや地方で多そうですが、「今日は女の子余ってるから出勤しなくていい」みたいなものですね。

都心部では基本的に出勤制限のようなものはあまり見かけることはありません。

あとは、早あがり。もしくは店の早閉め。出勤したはいいけど「もうお客さん入らなそうだから帰っていいよ」というもの。

これはお客さんの流れ次第なので、お店側としてコントロール出来ない部分なので仕方がないですが、そういうこともあると知識では持っておきたいです。

他にあるとしたら、短い時間でも出勤できるかどうか。「20時〜終電まで」「24時〜3時まで」だけ働くなど。

仕事や学校の都合がある人は、特定の短時間だけ働きたいというタイミングが頻繁にあるはずです。

店としては当然「オープンからラスト」で働いてもらって方が女の子の管理的にも都合がいいです。

ここを「短い時間でもいいよ」と言ってくれる店であれば、隙間時間にコツコツ働けますね。

このようなことも考慮して、時給だけでなく月単位でトータルで稼げるかどうかも考えておきたいです。

スキマ時間で稼ぎたいなら在宅でチャットレディをやるのもおすすめ。ガールズバーと兼業で働くなどすれば、月単位の稼ぎは大きくできます。

高い時給のガールズバーで働きたい場合

高い時給のガールズバーで働きたい場合

都心の繁華街のガールズバーで働く

地方より都心部に近いほど時給が高くなる傾向にあります。

あくまでも自分が通える範囲内で構いませんが、都心部や繁華街に近い場所の店を選ぶといいかなと思います。

ただ、ガールズバーは基本的には送り(送迎)はありません。

終電以降まで働いて、途中であがった場合は、始発まで待つかタクシーで帰宅するかになります。

この辺の交通費なども考慮した上で、働く店の範囲を決めるのをおすすめします。

もしタクシーで帰ったらいくらかかるかを見ておくといいですね。

凄い良心的な店や店長の場合はタクシー代くれることもないことはないです。

お客さんが入っている店

やはり、お客さんが入っていて金回りがいい店は時給も高いです。

単純に人件費に使えるお金があるということでもありますし、高い時給で女の子をちゃんと雇用しているからお客さんが入るという見方もできます。

外から見てもなかなか分かりづらいかもしれませんが、何か情報をつかめるなら店の判断に活用できます。

若干セクシーな衣装・制服だと時給が高い

衣装がセクシー系だと時給は高くなります。

よくあるのがバニーガール。

少ないですが、水着とか露出が高めなもの。

少しぐらいなら露出できるぜ!って人であれば、仕事内容は同じで時給が相場+500円とかになったりします。

同じ店でも、通常の制服の子と、バニーの子がいて時給が違うという店もあります。

ボディラインに自身のある方は是非。

水商売の給与体系の注意点

ガールズバーにはあまり無いと思いますが、キャバクラとか水商売系にはこういう仕組みもあるよというのを紹介します。

一応知識として。

接待時給と待機時給の違い

接客しているときと、お客さんがいなくて待機している時の時給が変わるシステム。

お客さんを呼べる子は稼げるけど、店の売上に貢献してない人はその分給料が下がるということですね。

店からすると合理的な仕組みです。

研修時給

研修中という名目で、本来の時給よりかなり低めの額が設定される。

飲食店でもありますよね。最初の○ヶ月は100円安いみたいな仕組みです。

条件付きの時給

キャバクラなどノルマがある店の場合。

お客さんを呼べる数や、出勤の回数・時間など、規定の条件をクリアすることを前手に時給が決まるもの。条件を満たせなければ給料が下がります。

これも、簡単に言えば、お店の売上に貢献するのであれば多く払うといいう仕組みですね。

歩合を条件として時給に組み込んだものだと思えばいいかと思います。

給与からの天引き

キャバクラには多いかもしれません。

  • 名刺
  • ドレス・衣装
  • 送迎
  • ヘアメイク など

ガールズバーだとキャバクラのように、準備する項目が少ないのでほとんど無いとは思います。

一応、自費でかかるものがあるかどうかの確認くらいはしておきましょう。

罰金

遅刻いくら、当欠いくらというものですね。

ガールズバーではあまり聞きませんが、これも店の方針しだいなので絶対に無いとは言えません。

気になる人は念の為確認してもいいかも。

ガールズバーの時給まとめ

  1. 求人情報は参考程度に
  2. 歩合含めて実質2000円〜2500円くらい(都心)
  3. 中の人に確認できれば確実
  4. 働いてみて判断がおすすめ

こんな感じでしょう。

では、どこかのガールズバーで会えるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました