ガールズバーとは何?法律からみる定義・意味・仕組みなど

ガールズバー初心者

そもそもガールズバーって何なの?という初心者に向けての記事です。

法律などのルールの違いや、実態はどうなっているかなどについてまとめています。

「スナックやキャバクラとの違いがわからない」といったよくある疑問にも答えていますので、参考にしてください。

そもそも「ガールズバー」という業態は定義されていない

よく「隣に座って接客するのがキャバクラで、カウンター越しがガールズバー」という認識の方が多いですが、厳密には違います

結果的にそうなっているだけで「カウンター越しに接客するのがガールズバー」と決まっているわけではありません。

結論から言うと、ガールズバーとはこういう業種ですという定義は存在しません

実のところ、ガールズバーに限らず、キャバクラ・スナック・ラウンジなどの業態は「こういうものです」という定義はありません。

それぞれが「キャバクラ」「スナック」などと自称しているだけに過ぎません。

よくよく考えてみればわかると思いますが、居酒屋と小料理屋とダイニングバーの違いって何なの?というのと同じですね。

それぞれが店のジャンルを自称しているに過ぎませんが、それぞれの呼び名において似たようなコンセプトのお店が多いため、お客さん側も店側も「このジャンルはこういうもの」とう共通認識が出来上がってるだけなのです。

これを踏まえた上で、ではガールズバーはどのようなものだと認識すればよいのかを次から説明します。

存在するのは風営法の違い

では、なぜガールズバーと呼ばれる店が存在するのか?どういう店がガールズバーと呼ばれているのか?について説明します。

ガールズバーとう定義は存在しないと書きました。

しかし、定義(ルール)が無いからと言ってどんな形で営業してもいいわけではありません。

ここでガールズバーの営業形態に関連するルールとして風営法があります。

夜お酒が飲める系のお店は以下のどちらかの営業許可を取っています。

  • 風俗営業1号許可
  • 深夜酒類提供飲食店

それぞれを先に簡単に説明します。

風俗営業1号許可とは

風俗営業
>接待飲食等営業
>>1号営業
キャバレー、料亭、待合茶屋、料理店等(和風)、バー、クラブ等(洋風)

定義
キャバレー、待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食させる営業

定義されているのはこれだけです。意味わかりませんね。

行政のお役所仕事なのでこんなもんです。

通常キャバクラはこの1号許可を取得しているはずです。

深夜酒類提供飲食店とは

深夜酒類提供飲食店営業
カウンターバー、スナック、居酒屋等

定義
バー、酒場等、深夜(午前0時から午前6時)において、設備を設けて客に酒類を提供して営む飲食店営業(営業の常態として、通常主食と認められる食事を提供して営むものを除く。 )

ガールズバーはこちらで営業しているのが通常です。

もっと詳しく知りたい人は警視庁 保安課 風俗営業係に電話して聞いてみてください。

では風営法で何が違うのか説明します。

接待行為が出来るかどうかと営業時間の違い

ガールズバーとキャバクラの違い(風営法の違い)で大きく影響するのが、接待行為と営業時間です。

接待行為営業時間
ガールズバー
(深夜酒類提供飲食店)
不可24時間いつでも可
キャバクラ
(1号営業)
日の出から深夜0時まで
(地域によって1時まで)

これが、ガールズバーがだいたい朝まで営業できている理由ですね。

ガールズバーの定義は?という質問に対して、明確に定義されているのはこれだけです。

キャバクラと違って、朝まで(24時間)営業できるけど接待行為はしてはいけないのがガールズバーです。

朝〜昼に営業しているガールズバーもあります。

接待行為とは

では接待行為とは何なのか?

この定義がとても微妙なので、解釈の仕方によって若干差がでてしまいます。

興味ある人は風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準について(PDF)をどうぞ。

要は、お酒は提供するけど接待行為はしないのがガールズバーです。

つまり、法的に言えば普通のBAR(バー)と同じと言ってもいいです。

で、たまたま女性のバーテンダーさんがたくさんいて、お酒を作ってもらう流れで会話も多少するよねーという”てい”です。

ガールズバーでは接待行為はしていないということになっています。

これがキャバクラのように隣に座ってお酌したりすると完全に接待行為にあたってしまうので、風営法的にアウトです。

ガールズバーではタバコに火をつけてもらえないのも接待行為が出来ないからです。

カラオケも、店によっては女の子と一緒に歌うのを禁止しているところもあります。

お客さんだけ、女の子だけで歌うのはOKなど。

これも接待行為の線引きが微妙なので、店主がどう判断するかで微妙に変わってしまいます。

地域によって警察の目が厳しいところと緩めのところもありますので。

いろいろ書きましたが、接待行為というキーワードが存在することだけ知っていれば問題ありません。

結局ガールズバーってどんな店なの?

法律の細かい話は無しにして、一般的な認識やざっくりした概念の話でまとめます。

法的には普通のBARと同じ認識

キャバクラと違って、朝まで営業していてお酒が楽しめます。

チャージ料金やドリンク代、メニューの内容はお店それぞれ。

特に定義されてませんので、お店しだいです。

女の子(女性バーテンダーさんのてい)とお話しても良い

通常のBARより何故か女の子のスタッフさんが多いので、お酒を作ってもらいながら接待行為に当たらない範囲で会話して楽しんでも良いです。

普通のBARにいってもバーテンダーさんと多少会話しますよね。

注文以外話してはいけないというルールはありませんから。

これらの条件をまとめると・・

「カウンター越しに女の子と話をしながらお酒が飲める店」になります。

もちろん法律の範囲内であれば、なんでもいいので、カウンター越しではない店もあります。

バーにあるようなスタンドテーブルだったり。

ただ、接待行為に違反は出来ませんので、例えばボックス席があったとしても隣に座ることは出来ません。

ガールズバーとは?まとめ

ということで「ガールズバーという定義は無い」という話でした。

本当に、店によって様々です。

男性スタッフも混ざっているガールズバーっぽいバーもあります。

そもそも女の子のスタッフしかおらず、システムも一般的な認識のガールズバーなのにガールズバーとは名乗っていない店もあります。

ですので、どんな店か?という質問に明確に回答が出来ません。

しかし、逆に言えば様々な店の中から、自分にあった店を選んだり、そのときの気分で店を使い分けたりできるのがガールズバーのいいところだと思っています。

キャバクラと比較すると料金的にもさほど高額ではないので、いくつか店を見てみるのをおすすめします。

個人的には「普通のバー感覚で飲みに行くけど、たまたま女の子がたくさんいて楽しい店」くらいの遊び方がいいと思いますね。

で、女の子の飲み代も持つ分、1人でバー行くよりは多少お金かかって当然だよねと。

キャバクラみたいな接客を求めるとちょっと違うので、その点は注意。

ガールズバーで働きたい女子向けQ&A

ガールズバーでバイトしようか考えてこのページを見てくれている女性であれば、具体的にどんな仕事内容になるのかが気になっていると思います。

キャバクラやスナックとの違いなどですね。

働き方という見方でかたるとどちらかと言うとスナックの方が近いです。

ただ、キャバ嬢とガールズバーを同時にやっている人もいますので、そんなに大きくかわるわけでもありません。

詳しくは別の記事にしますので興味あれば御覧ください。

いっそ、どちらも体験入店をして自分の目で確かめてみるのが確実です。

結局店によっても雰囲気や感じが違ったりすることは大いに有りえます。

ガールズバーでバイトするには?アルバイトに応募するお店の選び方・探し方
ガールズバーで働こうか考えている人向けに、求人に応募する前の確認ポイントと、アルバイトするお店の探し方をまとめます。 求人サイトを見てもよくわからないという人にも参考にしていただけると思います。
タイトルとURLをコピーしました